私の家計管理法をシェアします。

 

はじめに

a0150_000135

我が家の家計は、お金の事が好きな私が管理しています。

大したものではありませんが私の家計管理法をシェアします。

管理する対象

私は個人事業や不動産賃貸経営をしている都合、家計とは別で管理しなければならないおサイフがあります。

逆に家計と私の小遣いは本来一緒にすべきではありませんが、管理上一緒くたにしています。こちらをご紹介します。

なお、事業の方は青色申告をしているため、当然複式簿記で管理しています。税理士にはおまかせせず自分で会計ソフトを使って管理しています。

ちなみに妻の財布は一切管理していません。いくら持っているのかとかいくら使っているのかは、FPの立場としては「知っておくべきです」とアドバイスしたくなりますが、浪費家な妻ではなく、家計が毎月黒字になっている以上、夫婦円満の方を優先しています。

家計管理術 その1「B/S(貸借対照表)思考の家計簿」

「会計HACKS!」という本に記載している「B/S(貸借対照表)思考」での家計簿作成をベースにしています。

僕が著者買いするくらい大好きな山田真哉さんと小山龍介さんの共著です。

これまでの家計簿が、非常に細かな記録が必要になるP/Lベースのもので、細かな節約を目的としていました。つけながら「今月もこんなに無駄遣いした」と後悔する減点方式です。

これに対しこのハック家計簿は、資産を増やしていく楽しみを感じることを目指しています。

B/S思考の家計簿とは「今いくら持っているか」を書きたいなぁと思った時に、数えて記載するだけ、のいつでもできる家計簿です。

前回からいくら増えたか?がわかります。

大事なポイントはお金の出入りを逐一記録し続けなくてもOKなところ。

私は1ヶ月に1度くらいこのやり方で家計の貸借対照表を作っています。

この家計簿を採用していることと、基本的に日々の生活をクレジットカードで決済しているお陰で、私はレシートを貰ってもすぐに捨ててしまっています。

※事業の方ではレシート・領収書は貰って保管しています。

家計管理術 その2「直近のキャッシュ・フローを把握する未来志向の家計簿」

B/S思考の家計簿とは別に、直近3ヶ月程度の見込みの支出を洗い出し、このままで現金が足りるのかどうかを把握する家計簿を作っています。

私は生活防衛資金をその重要性を理解した上で、それほど積んでいません。

積極的に手持ちの現金を定期預金や他の金融資産・不動産に変えてしまっています。

そのため直近現金が足りるかどうかを把握することが重要です。

給与、カードの引き落としや年会費、家賃の振込・更新、年払いの保険料、6ヶ月毎の定期など、数万円~数十万円の大きなお金の出入りを洗い出し、現金がショートするタイミングがないようにします。

それの過去分の記録は残しておいて、「去年の今頃どんなデカい支出があったかな?」と振り返ることができるようにしています。

このやり方は、以前勤めていた小さな会社で経営層が作っていた「資金繰り表」が参考になっています。

当時経営層が、いつ売上金額が振り込まれるか?その現金で仕入先に支払えるか?給料は払えるか?などを日々にらめっこしながら更新していたことを覚えています。

家計管理術 その3「夫婦で家計を振り返る」

家計は家族にとって重要なものです。

会社でも外部監査などがあるように、家計を管理していないパートナーからの監査は必要です。

1年間どこにお金を使ったのかをその2で紹介したキャッシュ・フローの記録から振り返ります。

細かな1000円単位は無視し、万円単位のお金の出入りに注目します。

またバランスが崩れていないか?など「ちょっとここ使いすぎだよねー」と会話が生まれるようなサマリー資料を作っています。

夫婦で話し合うことで、家計の暴走を防ぎます。

家計を管理するときの考え方

まとめとなりますが、私の考える大事なポイントを挙げます。

長く続けられる仕組みか?

その1の「B/S思考の家計簿」のように、途中止めてしまっても、また再開できる仕組みのほうが長続きします。1ヶ月間、1円単位の出入りをレシートから書き出して記録したは良いのですが、それで疲れてしまって止めてしまった。では意味がありません。

1年・2年とずーと長く続けられるよう、簡単でかつ効果のある仕組みづくりが大事です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket